評価されている精神病になった時に利用できる制度

サイトメニュー

一定の条件を満たしている

女性

年金事務所で相談をしましょう

現代は家庭や職場でも、仕事や人間関係のストレスを感じている人が多く、代表的な精神疾患のうつ病に罹る人が増加しています。病気が疑われる場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診して、診断をしてもらう必要があります。内服薬やカウンセリングによる治療が中心になりますが、辛い症状がなかなか改善されず、不安を感じている人が増えています。病気が原因で家事や仕事が出来なくなると、お金の悩みを持っている人が少なくありません。うつ病は障害年金の受給の対象になっているため、病気が長引いている人は、年金事務所や市役所の窓口で相談をしてみると良いでしょう。うつ病の障害年金は1級から、3級までありますが、一級が一番症状が重く、3級は日常生活を送れるけれど、就労に制限がある状態です。入院が長引いてしまったり、症状が原因で就労などに制限が出ている人は、申請をしてみると良いでしょう。日本年金機構の定めている基準を満たしている場合は、障害年金の支給を受けることが出来ます。お金を受け取れるのは、一級と2級になります。申請の手続きは煩雑になっているため、地元の法律事務所に相談をするのもお勧めです。一定の条件を満たしている場合は、一定額のお金を受け取れるので、経済的な負担を減らすことが出来ます。

うつ病が原因で入院が長引いてしまったり、洗面や入浴、着替えなどの身支度にも影響が出ることもあります。障害年金一級は、常に人の介助が必要な状態で、うつ病の症状が原因で日常生活に著しい影響が出ている状態です。2級は身の回りのことや、日常の家事は出来るけれど、就労をするのが難しい状態です。病気が原因で就労が出来なくなると、経済的な不安を感じている人がほとんどです。病院やクリニックでは、丁寧な説明はしてくれないので、年金事務所などに相談をすると、申請に必要な書類などを教えてくれます。医師の診断書や病歴、就労状態申込書などの提出が必要です。うつ病を発症してから、厚生年金や国民年金に加入をしているのが条件になります。年金保険料が未払いの場合は、障害年金を受け取ることは出来ないので、注意をする必要があります。一定の条件を満たしている場合は、写真付きの受給者証を発行してもらえます。現代は優れた医薬品が開発されているので、根気よく治療を続けていると症状が改善することもあります。障害年金3級の場合は、年金の支給は受けられません。障害者手帳は発行してもらうことは出来ます。治療を続けているけれど、気力や意欲が著しく減退しており、就労をするのが難しい人は申請を検討してみると良いでしょう。